FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似非駄目物かきの何気なくも平和な日々〜7つめ〜

千夜「作者、作品の進み具合はどうだ――」

「――で、名前はなんて言うんだ?」

?「さちは、さちってゆーの」

千夜「……」

「ほうほう、さちっていうのか。で、さちはあいつとどういう関係かな?」

さち「あいつ?」

「……あー、それじゃさすがに分からないよな。……だが俺も名前知らないしな……」

千夜「……さ、作者」

「ん?――ああ、千夜、来てたのか……ってどうしたそんな信じられないものを見るような顔して」

千夜「そ、その子はまさか、作者の……」

「いや……俺の子じゃないぞ?」

千夜「そ、そうだな。作者の子にしてはちょっと大きいから――って」

「今度は何だ?」

千夜「とすると、なんでこんな子供が作者の部屋に……まさか」

「おい、今確実におかしな想像してるだろ?」

千夜「私は……作者はそこの所の分別はついてると思っていたが……」

「千夜待て。お前はやばい方向に盛大に勘違いしてる」

千夜「悪いことは言わない作者。今ならまだ間に合――」

「いやな千夜。この子にはちょっとした理由がな――」

千夜「私からもちゃんと説明はする。私は作者のことを信じて――」

「俺の話を聞け―っ!」

千夜「は、はいっ?!」

「ったく……。ああ、ごめんな。いきなり大声出したりして、驚かせちゃったな」

さち「ううん。……この女の人、だれ?」

「ああ、こいつは千夜って言うんだ。ほら千夜からも」

千夜「あ、ああ。作者のアシスタントをやっている千夜だ。よろしく」

さち「うん!」

「ようやく落ち着いたな」

千夜「すまなかった。では、この子は……」

「ちょっとした事情でな。しばらくの間相手をすることになった」

千夜「事情……親戚の子か何かなのか?」

「……ま、そんな所だ。そこで千夜、頼みがあるんだが」

千夜「なんだ?」

「そのしばらくの間、この子はお前の所に置いてもらえないか?流石にうちで寝泊まりさせるわけにはいかないしな」

千夜「そういうことなら……。この子が良ければ、私は構わないぞ」

「……ということなんだけど、さちは良いかな?」

さち「うん!千夜お姉ちゃん、よろしくね!」

千夜「!!……か、かわいい」

「いきなりさちが来たときはどうなるかと思ったが、何とかひと段落ついたな」

千夜「その、作者……さっきはすまない。私が勝手に思い込んでしまって……」

「いや、まあ突然だったし、そう勘違いしても仕方がない。謝ることじゃないさ。さちのこと、頼むな」

千夜「うん。私は妹が欲しかったから、嬉しいよ」

さち「さちも、お姉ちゃんが欲しかったんだよ。だから、千夜お姉ちゃんと一緒ですごくうれしい!」

千夜「そうかそうか!うん、これからいろいろと必要になるし、これから一緒に買い物に行こうか」

さち「うん!」

「……と、若干の疎外感が気になるが、まあ仲良くやってくれそうだし。まあ、いいか」

(しかし……本当に何を考えてるんだ?あの男……)


-------------------------

そろそろかと何の根拠もなく思い、新キャラ投入。詳細はキャラ設定にて。

今まで幼いキャラは書いたことなかったから、実際書いてみると難しい……
まあ、書いてるうちに慣れるだろう……多分。

次は三人でクリスマスネタですかね……そんでその次は年末……年明け
この時期はイベントに困らなくていいですね。

リアルは?聞いたこともありません。あったっけそんなの?




---------------------------------------------------------------------------
現在参加しているランキングです。気が向きましたら、ワンクリック、して頂ければ幸いです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


banner_22.gif


a_01.gif


blog-ber
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

夜月夜

Author:夜月夜
猫好き。
でも猫アレルギー。
でも猫好き。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。